お電話でのご予約・お問い合わせ
0555-87-2200
( 受付時間: 8:00? 21:00 )
ご予約はこちらから
精進湖のお話

精進湖のあらまし

「ジャパン・ショージ」が英国を駆け巡った。
1895年(明治28年)、英国人ハリー・スチュワート・ホイットウォーズは、富士山周辺の探索に1年の歳月を費やした末、富士山が最も美しく見える地として精進湖に辿り着きました。 この精進湖の景色に魅了されたホイットウォーズは、全財産を投じて精進湖周辺を開拓し、精進湖畔に小さなホテルを開業。後年「星野芳春」として日本に帰化しています。 「日本有数の避暑地”ジャパン・ショージ”」「東洋のスイス」などとして英国をはじめとする海外へ富士山と精進湖の美しさを紹介することに終生尽力し、以降多くの外国人観光客が訪れるようになりました。

富士五湖の中で最小の湖
精進湖は、富士五湖の中でも最も小さく周囲はわずか7キロ弱。自転車でも30分ほどで湖畔を一周することができます。
面積が小さいだけに湖全景がほぼ視界に収まり、また精進湖畔から見る「赤富士」や「子抱き富士」など、富士山の表情も多様で、多くの写真家に愛される撮影スポットになっています。

精進湖の景観は富士五湖随一
「春」
冠雪を帽子のようにのせた富士山に木々の新芽が緑を添えます。 湖畔の桜は、ゴールデンウィークの頃まで楽しむことができます。

「夏」
盛夏でも25度を超えることが無く、涼を求める観光客が集い、キャンプや林間学校で賑わう季節を迎えます。

「秋」
富士山に冠雪が降りる頃、抜けるような青空に秋雲が広がり、富士の樹海もパッチワークを敷き詰めたような紅葉につつまれます。 自然と語らう散策の季節です。

「冬」
枯れ木立に霧氷の花が咲き、張り詰めた冷気のなか、雄大な富士の姿に多くのカメラマニアが集います。 心のこもった郷土料理が温かく迎えてくれます。

「子抱き富士」
母なる富士山がそっと手前の山「大室山」を抱いているように見えるので「子抱き富士」と呼ばれます。 ここ精進湖からでしか見られることのできない風景です。

「赤富士」
雪が消え、地肌の赤みに日が当たり赤く染まる状態。夕景である。

「紅富士」
富士の雪化粧に日の出、日の入りの光線が当たりピンク色に染まる富士のこと。

お祭り&イベント

精進湖の夏は毎年8月4日に行われる「涼湖際」で最高潮を迎えます。
花火大会や歌謡ショーをはじめ、ボート供養のように、釣り人で賑わう精進湖ならではの珍しい行事も楽しめます。
また湖畔から徒歩5分程の諏訪神社社殿正面には、国の天然記念物に指定されている「精進の大杉」があります。
千年杉と呼ばれ、根回り13.6m、高さ40m以上、県内随一の大きさで全国的にも有数の巨木です。

精進湖データ
所在地
山梨県南都留郡富士河口湖町
面積
0.5km2
周囲長
6.8km
最大水深
15.2m
水面の標高
900m
透明度
2.8m
成因
堰止湖
水質
淡水

富士五湖について
富士五湖(山中湖、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖)は、もとは富士三湖でした。 本栖湖、精進湖、西湖は以前は大きな一つの湖で「せの海」と呼ばれていました。 富士山の噴火でまず本栖湖が分断され、貞観六年(864年)の富士山大噴火の際、大量の溶岩流が「せの海」に流れ込みこれを分断し、精進湖と西湖を形成、 また16キロ四方に及ぶ青木ヶ原樹海のベースとなる地形が作られました。 この三湖は地下でつながっており、水面が海抜約900mほどで、水位変動も連動する傾向があります。